How to teach a maze in early childhood

知育・運動

幼児期の迷路プリントは難しい!幼児が迷路を理解できた教え方と効果


迷路には様々な効果があります。

でも幼児期に、初めての迷路は難しく感じて当然です。
実際に愛娘が迷路を楽しめるようになった経緯と、迷路の効果を綴ります。
迷路をはじめる時の、ご参考にどうぞ。

幼児期の迷路の効果「思考力」

幼児期の迷路効果に、まず思考力
どう進めばゴールにたどり着くか?
考えるからです。
何度も失敗する。後戻りして、やり直す。
試行錯誤力はプログラミングにも繋がります

慣れてくると先を読む力、推察力にも発展します。
最初に完成形やゴールを明確にして動く。
私たち大人にも必要な、先を見通す力です。
プラモデルや家を建てる時、細部に渡った設計図が必要ですよね。
先にゴールを考えることで、闇雲に動くこともなくなります。

 

幼児期の迷路の効果「空間認知能力」

前後や上下左右の空間を認識できる力
迷路は、この空間認知能力も必要です。

自分の足で前後に、左右に歩く。走る。
この自分の体験が、迷路に活きてきます。
自分や好きなキャラクターを、迷路の上に置き換えて進むからです。

図形の問題でも同じことが言えます。
「点Aと点Bを結ぶ線が回転した時の面積を求めなさい」という問題が出た時。
自分の身体で前転を経験している子は、容易に回転した形をイメージできます
逆に前転したことがない子は、イメージしにくい問題になってしまいます。

先行体験があってこそ、迷路で空間認知能力が育ちます
勉強も大事ですが、身体を自由に大きく動かす遊び。幼児期は大切です。

幼児への迷路の教え方迷路をはじめる前に「運筆力」

迷路をはじめる準備運動の運筆力
運筆力はクレヨンや鉛筆を動かすことで育ちます。

線描きができ始める2歳頃。
最初は思いのままに描けるように。
A4サイズ等ではなく、模造紙などの大きな紙からスタートします。
大きなキャンパスで、自由に腕を動かす
とにかく好きに描いて、楽しむことが一番!

次に、B4サイズやA4サイズの大きさに変えていきます。サイズが小さくなることで、腕の振りが少し狭まります。
腕全体から、手にシフトするイメージです。

運筆力や筆圧を育むには、塗り絵も良いです。
最初は濃いめの鉛筆を準備して、「自分で描けた!」という目に見える喜びや、達成感を子どもに感じさせます。
線が描けるようになってから、直線が多い迷路にチャレンジできます。

幼児への迷路の教え方幼児期の迷路プリントは難しい


当たり前ですが、最初からドリルやプリントの迷路は幼児期には難しいです。
愛娘が初めて迷路をした時…、
まず、はみ出しました。

ドンドン違う方向に突き抜けて進みます
好きな方向に鉛筆が向かう、お絵かき状態。
思わず笑ってしまいました。

娘に申し訳なかったことは、迷路を体験させていなかったこと。
いきなりプリントを見て「迷路をやろう!」なんて、出来なくて当然です。

そこで実際の迷路を体験させたく、近くの遊園地などの大型迷路を探しました。
一昔前はあったのに、近くにあった大型迷路はなくなっていました…。
もし近くにあれば、実際の迷路を体験させることを強くお勧めします。

幼児への迷路の教え方迷路を体験できる遊び


愛娘が体験できる迷路はないか?
身の回りで「はみださないで進むこと」が体験できるモノ。

愛娘が大好きな滑り台から試しました。
「滑り台って、迷路と似てるよね?迷路も通る場所が決まってるんだよ。」
でも残念ながら、これでは愛娘に迷路を理解させることはできませんでした。

幼児への迷路の教え方迷路のルールを理解できた遊び


外に行かなくても、家の中に迷路があった!
通路も、壁もある。嬉しい!
即、愛娘の前で、私が家の中を歩きます。

わざと壁にぶつかって「進めな~い」
そこで進路を変えて進む
これが一番、愛娘に伝わりました

幼児への迷路の教え方迷路プリントの進め方

愛娘はルールを理解してから、迷路の枠をはみ出すことがなくなりました
途中で行き止まりになると戻る。
何とか最後まで諦めずにゴールする。
今、この状態です。

愛娘は迷路が理解できて、ゴールできる達成感を感じています。
だから、もう少し。このまま続けます。

幼児への迷路の教え方迷路をゴールから解く

理想的な迷路の進め方
①鉛筆を持たずに、スタートからゴールまで指でなぞる
②鉛筆も指も使わずに、スタートからゴールまで目でなぞる
③スタート地点を最初に見るのではなく、ゴールを最初に見る
④ゴールやスタートの全体を俯瞰して見る

既に出来ている優秀なお子さんは、制限時間を短くする難易度を上げる
そして、自分で迷路をつくれたら良いです。

愛娘と私は今、目でなぞることをスタート。
そして全体を俯瞰して見えるまで…。
まだまだ一緒に、楽しみながら遊びます。

貴方のお子さんも「迷路を好きになる得意になる」一助になれば、嬉しいです。


-知育・運動

Pinterest

© 2021 子育てお父さんの学ブログ